ホーム 写真集2 写真集3 写真集4

写真集3(プレカット/土台)

画像をクリックすると写真が拡大されます
プレカット工場(JPG,25KB)
2002年1月19日
福味設計士が徳島のプレカット工場で打ち合わせしたときの写真を送ってくれました。
写真は柱や束のホゾを加工する機械だそうです。
ホゾ:二つの部材を接合するために、片方には突起をつくり、もう片方には孔をつくり、その組み合わせによって接合すること
何故プレカットを徳島で?
吉岡木材さんはその名の通り材木屋さんだからわざわざ徳島までと思い確認すると木材を徳島まで運搬してもプレカット費用が安いからだそうです。(2月17日追記)
型枠を外した基礎を南西部から望む(JPG,14KB)
2002年1月22日
基礎の型枠が外されました。
南面立ち上がり部表面が荒れているのと西面ベース部にジャンカが発生していました。
表面は仕上げ面でないため(モルタルで仕上げる)大丈夫ということです。
ジャンカ:コンクリートがうまく流れずに、空洞ができてしまった部分のこと
敷地南西部に設置された水道の止水栓(JPG,19KB)
2002年1月22日その2
外部給排水工事。
上棟までに間が空くため福味設計士が出来る部分を先にしておくよう指示して下さいました。
止水栓は未だメータがついていませんが写真の場所はちょうどガレージにあたり、タイヤの下になりそうです。
#止水栓は手前側に移設するとのことです。(2月10日追記)
基礎天端に土台墨だし(JPG,11KB)
2002年2月3日
土台の墨だし。
前を通りかかると、基礎の中に家族連れ(4人)が入っています。
声を掛けると、
「墨だしをしています。大工です。」
私「ああ、吉岡木材さんの棟梁さんで、同じ市内に住んでおられる。」
「ええ、○○△丁目なんです。」
私「今度の11日の上棟、宜しくお願いします。」
という会話をしました。
日曜日なのにご苦労様です。
基礎コンクリートかさ上げ(JPG,14KB)
2002年2月6日
玄関土間、クローク、外部物置、ポーチ部分がモルタルによってかさ上げされました。
外部物置はモルタル仕上げとなり、その他の部分はタイル仕上げの予定です。
先行足場が組まれた様子を敷地南西方面より望む(JPG,23KB)
2002年2月8日
先行足場が組み上げられました。
プレカットされた材(手前ブルーシート)も搬入されましたが一部だけでしょうか?少ないように見えます。
#やっぱり一部だけでした。10日に追加搬入されていました。(10日追記)
基礎気密パッキン材(JPG,21KB)
2002年2月9日その1
棟梁さんがひとりで土台を組んでいました。
箱はジェイベック株式会社の基礎気密パッキン材です。
床下部分で気密ラインをとるより施工が楽と言われている基礎気密工法です。

福味設計士が昼前に来てパッキン材の施工忘れ箇所をチェックしてくださいました。
土台と大引き(JPG,9KB)
2002年2月9日その2
土台(手前桧120角)と大引です。
大引:1階の根太を受ける横架材
根太:床荷重を支える部材
拙宅では28mmの合板を土台と大引に直接張って根太を省略する根太レス工法です。
火打ち土台(JPG,11KB)
2002年2月9日その3
火打ち土台(右端に一部見えている)です。
今回は構造用合板による剛床であるため不要かもしれませんが一部使用していただいているようです。
福味設計士によると火打ち土台の使用は建築基準法にも規定されているとのことでした。(13日追記)
見えにくいですが、中程に継ぎ手があります。継ぎ手のそばにアンカーが無いのが気になります。
継ぎ手部分にアンカーボルト(JPG,9KB)
2002年2月9日その4
継ぎ手の男木部分にアンカーボルトが貫通しています。
男木:継ぎ手、仕口など、組み合わせるときに上になる側
大丈夫でしょうか。
福味設計士によると
「本当は良くは無いが、幸い筋交いが無い場所でさほど大きい力がかからないためこのままでも大丈夫です。」
気密パッキン材と桧の芯持ち材(JPG,11KB)
2002年2月9日その5
基礎天端と土台の間に気密パッキン材が挟まれています。
また土台の桧は芯持ち材であることがわかるでしょうか。
芯持ち材は堅い部分でシロアリに強いそうです。
逆に辺材はやわらかくシロアリに弱いようです。
Swann Houseは基礎断熱であり、床下を室内と同じとみなすため防蟻処理を施すことができません。
1階部分の構造がクレーン車によって組まれていく様子(JPG,26KB)
2002年2月10日その1
上棟が1日でできないため前日に1階部分の構造を施工します。
工事を始めたときに小雨が降ってきました。
天気予報では大丈夫だったのに…。
構造材が表れる家なので柱や梁などの雨によるシミがチョット心配。
昼からは晴れてきました。
基礎ベース部分のジャンカ補修(JPG,17KB)
2002年2月10日その2
基礎ベース部分のジャンカが補修されていました。

ホーム 写真集2 写真集3 写真集4