ホーム>パッシブデザイン

パッシブデザイン

このページでは暖房費および冷房費コスト削減のために出来る限り自然エネルギーを利用するという、住宅に関するパッシブデザインについて記述しています

パッシブヒーティング

パッシブヒーティングは自然の力のみを利用して暖房するもので、昼間は冬の日射をとりいれ、室内の蓄熱体(コンクリートなど)に熱をたくわえ、夜間に放熱する仕組みです。

ダイレクトゲイン

建物南面開口の様子

パッシブヒーティングの中で、最もシンプル(ローコスト)で効果が大きいのをダイレクトゲインと言い、南面の大きな窓から直接(ダイレクト)日射を取り入れる(ゲイン)ことです。

オーバーヒート

冬場、日射によって窓を開放しなければならないほど室温上昇することをオーバーヒートといいます。
オーバーヒートを防止するには室内の熱容量を大きくする必要があります。
Swann Houseではオーバーヒート対策として、構造体の外側に断熱ラインをもってくる、外張り断熱とし、木造の構造体を蓄熱体として利用すること、さらに基礎断熱したスラブに蓄熱します。
また、階段室吹き抜け上部にシーリングファンを設け、上部にたまった暖気を階段室を通して1階まで送ります。

Swann Houseでは南面に大開口を設けダイレクトゲインによるパッシブヒーティングを計画しましたが、サッシを遮熱Low-Eペアガラスにしたためゲインをあまり期待できないかもしれません。

アクティブヒーティング

アクティブヒーティングは機械設備によって太陽のエネルギーを利用しようとするものです。
太陽光発電などはアクティブヒーティングに分類されます。
Swann Houseでは太陽熱温水器を採用し、夏場のシャワーに利用する計画です。

パッシブクーリング

夜間冷気や風を利用することで、クーラー設備にあまり頼らないで快適に暮らすための工夫です。
たとえば、夜間、外の冷気を積極的に取り込み、冷えた熱を室内の石やコンクリートなどに蓄えさせます(蓄冷)。
夜に蓄えられた冷気は、翌日の昼まで持ち越され、外が暑くなっても、室内を冷し続ける働きをします。

階段室上部のドレーキップ窓

Swann Houseでは南面庇と遮熱サッシによって日中の蓄熱を防ぎます。夜間は1階主寝室のサッシに通風電動シャッター(サンシャディ)を設けて冷気を取り入れ、階段室吹き抜け上部のドレーキップ窓から排気します。

また玄関ポーチ部が基礎と一体であるため、基礎に蓄熱しないように工夫する必要があります。
葦簀でも掛けて日差しを遮ろうかな。

主寝室開口にとりつけられた電動シャッター

パッシブソーラーについては概ね期待通りでしたが、パッシブクーリングについては2階リビングで熱気が上がってくることと、上がってきた熱気をドレーキップ窓から十分抜ききれなかったことが誤算でした。
ただ、寝室にもうけた通風電動シャッター(サンシャディ)は大正解で、猛暑でもクーラーいらずです。
(2005年1月3日追記)


2005年1月3日追記およびスタイルシート適用
2002年4月7日公開

ホーム>パッシブデザイン