ホームページ タイトル 本文へジャンプ

2012年7月22日   ミソハギ 
都会のかたすみ、隅田川と荒川に近い荒川区東尾久。
工場跡地に出来た水たまりが小さな自然をはぐくみました。
トンボやカエルの棲む楽園になったのです
尾久の原愛好会は尾久の原公園に芽生えた小さな自然を大事に守ろうとの思いから集まった仲間です。
(2000年10月発足)
毎週第四日曜日に公園で自然観察会を開いています。
午前十時公園事務所前に集合で、どなたでも参加できます。
(約2時間程度)
また、ボランティア活動として荒川河川清掃や水質検査も行っています。
貴重な植物(絶滅危惧種)の保護も活動の一つです。

観察会情報 公園管理事務所前掲示板ご覧ください

毎週(第四日曜日)*午前10時*公園事務所前にお集まりください


 トピックス
2017年8月31日(木)
桑袋ビオトープ公園訪問。
公園管理、たい肥についての勉強会
を開催いたしました。
今回も丁寧な解説ありがとうございました。

たい肥場の見学

解説員さんによるたい肥の勉強会

今後の活動に生かそうと思います。

2017年7月23日(日)
今日は花壇の整備を行いました。
タコノアシが花をつけ始めました。
先日の雹の被害は無いようで良かったです。

花壇の整備


今日は花壇の整備を行いました。
タコノアシが花をつけ始めました。
先日の雹の被害は無いようで良かったです。

花壇の整備


タコノアシの花

お疲れ様でした

チョウトンボ 撮影 7月16日

2017年6月4日(日)
移植したタコノアシは根付いてくれますでしょうか

移植したタコノアシ

荒川クリーンエイド 水質検査
一斉調査に参加しました。


今回はCODの測定です

想定結果はCDD値 8前後でした


2017年5月28日(日)


ミゾコウジュの花も咲き始めました。
タコノアシの移植を試みました。
根付くでしょうか。


絶滅危惧種 ミゾコウジュの花が開きました。

タコノアシの移植作業

タコノアシの移植

2017年4月23日(日)
久しぶりに晴天に恵まれ観察会を開催すること
ができました。
今回は絶滅危惧種ミゾコウジュとタコノアシの芽吹き
が数多く確認できましたことが大きな収穫です。
公園事務所の旧所長さん新所長さんもご参加いただき
ありがとうございました。

公園事務所長さんありがとうございました

ミゾコウジュの芽吹き

タコノアシの芽吹き

タコノアシの群生

2016年11月18日(金)
桑袋ビオトープ公園訪問したい肥の勉強を
いたしました。尾久の原公園事務所さん、東
綾瀬公園サービスセンターさんご参加ありがとうございました。



解説員さんのレクチャー

たい肥場見学


たい肥土の生物観察。

2016年10月23日(日)
10月の観察会開催しました。
今回は希少種周りの整備と公園事務所
との打ち合わせ(今後の活動について)
をいたしました。



希少種周りの整備

2016年9月25日(日)
荒川クリーンエイド参加しました。
恒例の荒川河川敷の清掃と水質検査を行いました。
公園のヒガンバナ満開です。


尾久の原公園に咲くヒガンバナ

水質検査

清掃作業

清掃終わりました

2016年7月24日(日)

外部公園見学会(桑袋ビオトープ公園)行いました。
桑袋ビオトープ公園スタッフの皆さんには大変親切に解説
いただきましてありがとうございました。


清流館前で


丁寧な解説に大変勉強になりました

2016年6月26日(日)
夏の花も咲き始めました。ミゾコウジュも花の時期は
終わり、タコノアシも数多く確認できました。



希少植物周りの整理。

ミソハギの群落

半夏生の花も多くみられます

2016年5月22日(日)
5月に入りミゾコウジュの花も確認できました。
葦、ヨシの中にひっそりと咲いているのが確認できました。

希少種周りのテープはり

公園事務所もお手伝いしていただきました

ミゾコウジュの花

2016年4月24日(日)雨天中止


2016年3月27日(日)
今年初めての観察会を行いました。
まだ芽吹いたばかりですがタコノアシの新芽は
確認できました。
マーキング作業等を行いました。

一番早く咲いていシダレザクラ

愛好会の管理花壇の手入れ

希少植物周りの手入れ

2015年11月22日(日)
希少種周りのマーキング行いました。



この季節にシジミ蝶がいました。

2015年10月25日(日)
希少種周りの整備状況確認行いました。

空の色も深くなってきました。

タコノアシも赤く染まりました


ハンゲショウの生育地の確認

2015年7月26日(日)
絶滅危惧種廻りの手入れ行いました。


愛好会管理花壇廻りの手入れ

ガマの群生とタコノアシの群生地

タコノアシ

2015年6月28日(日)
荒川クリーンエイドに参加。
荒川土手の清掃作業を行いました。


放置自転車などたくさんのゴミがありました。

2015年5月24日(日)
前回に引き続き希少種のミゾコウジュ、タコノアシ群生地
の刈り込みを行いました。


アシ原の伐採前の刈り込みと場所表示を行いました。


タコノアシ

ミゾコウジュ

2015年3月22日(日)
今年は重点的に絶滅危惧種の保護育成を行います。
今回はミゾコウジュ(絶滅危惧種)の保護活動を行いました。

移植で生息域の拡大と確保いたします

大事に移植しました

成長がたのしみです


雑草の草取りも行いました。

2014年5月25日(日)
観察会で絶滅危惧種周辺の草刈りを行いました。
立ち入り禁止区域ですが許可を得て立ち入りしています。




2012年7月22日(日)
自然観察会で荒川ケーブルテレビの取材がありました。
希少種花壇の植物も順調に育っています。

荒川ケーブルテレビの取材

希少種花壇

観察会の様子

タコノアシの花      撮影 石川正

2012年6月24日(日)
梅雨の中休み、気持の良い気温の中ミゾコウジュ
やタコノアシ、ハンゲショウも見ることができました。
希少種育成花壇の植物も育っています。



花壇 1      

花壇 2      撮影 石川正

2012年5月27日(日)
観察会の終了後23年度総会を開催いたしました。
今年は個体数が少なくなった希少種の復元を目標に活動します。

公園管理事務所の協力で希少種花壇を設置いただきました

ムラサキサギゴケは数が少なくなりました

撮影 石川正

2012年4月22日(日)
2回目の観察会は曇り空で気温が低く八重桜
が鮮やかな色を見せていました。

孵化したアゲハ がんばれ!

撮影  石川正
2012年3月25日(日)
今年初めての観察会は例年にない寒さから開花も大変遅れて
います。
ホトケノザ、オオイヌノフグリがようやく見ごろになりました。


撮影 石川正
2011年8月28日(日)
8月の観察会
タコノアシの花がさいています。絶滅危惧種の状態を確認しました。


撮影  石川正

2011年7月24日(日)
絶滅危惧種の保護活動を行いました。


撮影 石川正

2011年6月26日(日)
6月の観察会でハンゲショウの花が咲いていました。

絶滅危惧種の保護を行っています。

撮影 石川正
2011年6月5日(日)
荒川クリーンエイドで水質検査、荒川河川清掃実施いたしました。


撮影 石川 正

2011年2月23日(水)
尾久の原公園でカワセミが観察されました。
繁殖期前の活発な時期ですが繁殖期には移動してしまいます。


撮影 池田 稔

2011年2月25日
アズマヒキガエルの産卵。いよいよ春の息吹が感じられます。


撮影 本間幸治氏

2010年12月  尾久の原公園で 野鳥(クイナ)が観察されました。


撮影 本間幸治氏

「現地には立ち入り禁止区域があります。野鳥を脅かさぬよう、観察・撮影の際はご注

意ください」