生き物たち(1)

アザラシ
アザラシ
道東の海で見かけるのは主にゼニガタアザラシとゴマフアザラシです。 ”ここに行けばいつでも見られる”という場所は残念ながら陸の近くには 無いようですが、岬の上から海を眺めていると犬の頭のようなものがポッカリ浮かんでく ることがあり、それがつまりアザラシです。
photo:ゴマフアザラシ 走古丹 1992/12

エトピリカ エトピリカ
エトピリカ
海鳥。 日本中で(普通に行ける範囲で)確実に見ることが出来るのは繁殖している霧多布だけです。 確実といってもエトピリカの繁殖期は道東名物『霧』の季節でもあり、観察できるかどうかは 天候に非常に左右されます。晴れていても霧が出ていれば見えません。
霧多布に住み、宿を経営しながら観察を続けている方がいるので詳しくは こちらのページをご覧ください。 ついでに宿もお勧めです。
photo:魚網にからまり保護されたエトピリカ


エゾシカ
エゾシカ
増えているらしいです。確かによく見かけますし、車との接触事故も多いようです。 見たい人は牧場と林の境界付近、河口近くの湿原、森と草地の境界付近などをチェック するといいでしょう。林道を一人で歩いていて出会ったときの緊張感はたまりません。
photo:霧多布湿原で見たエゾシカ 1995/06
もっと鹿の写真を見る

HOME 戻る 次へ