富士山(吉田口〜途中往復(3060m?)
6月5日
コースタイム:駐車場6:30〜3060m10:05・10:30?〜駐車場12:20?

自宅を3:45に出て、6時ごろ吉田口の駐車場着。
何時もなら当然山頂からの滑降が目標であるが、気分的には先週でシーズンオフ状態であり、主目的はこの後の
新鮮な刺身宴会である。更に上空の寒気の影響で午後から雷雨の可能性大で最初から適当なところで引き返しモード。
出発準備をしていると三浦(大)さんと会う。何とか流しの予定らしいがこの段階では何処なのかさっぱり分からない。
じきに今日のメンバーの石田さん、Miさん、斉藤さん、SHOさん、Asさんが揃い出発。

                         *写真クリックで拡大

           DSC01818

                    山頂は早朝からなにやら嫌らしい雲

7合目から雪渓をシールで登るが怪しい天気。
早くも気持ちは下山モード。石田氏らは夏道を詰め更に上を目指しているようだ。

           DSC01822

                    吉田大沢雪渓下部から上部


           DSC01823

                    ガスの中のシール登高(SHOさん)

早くも宴会モードの私とSHOさんは、天気の悪化を区切りに10時過ぎに登高終了。
写真を撮りながら滑降していると、あられも降り始めこの判断は正解と我ながら満足するのも束の間、再び好天で
変わりやすい天気だ。

           

              視界は今一だがあられが降り始めたので滑降(SHO)

のんびり下ったは良いが、石田氏らを待つことになるので1時間40分ほど休憩所で時間を潰す。

全員揃ったら待望の宴会に向け湘南へ。
海で遊ぶ事はないが、かなか良い感じでTUBEかサザンはたまた加山雄三のCDを持ってくれば良かった。
この後、温泉に浸かり刺身に舌鼓。
今回でほんとにシーズン修了。
GWは今一であったが、笠ヶ岳と池ノ谷ガリーを滑る事が出来、後半は満足の行く山行であった。